2011年

8月

24日

感情というナビゲーションシステム

人間が思考するとき、「内なる存在」とのかかわりから生まれる感情は、思考の方向を確認するうえで非常に役立ち、いわばクルマのカーナビのような働きをする。これが、「感情というナビゲーションンシステム」である。前向きで明るいポジティブな感情を持つときは、願望が実現する方向へ向かっており、後ろ向きで暗いネガティブな感情を持つときは、願望の実現から遠ざかっている。なお、「ポジティブな考えを持ちましょう」という単純なプラス思考とは関係ないことに注意。

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。